霊視占いで前世を知る

霊視占いランキング!震えるほど当たる霊視占いはココだ!

ランキングNo1の霊視はココ!

霊視

霊視占いで前世を知る

3才くらいまでの子どもが、突然お母さんのお腹の中にいた時の話をし始める、といった事象についてきいたことはありませんか?

お腹の中にいた時の記憶を「胎内記憶」といいますが、中には生まれる前の記憶、つまり「前世の記憶」を話し始める子どももいるそうです。


どちらも本当は覚えているはずのないことなのに不思議ですが、話す時はたいてい無意識で、子どもが成長するに従って記憶はなくなり、話したことも覚えていないのが普通、ということから考えると、何らかの拍子に霊視によってみえたビジョンを口にした、という予測もたてられます。



本来子どもは、大人よりもずっと強い霊感を持っています。

コントロールは効かないことが多いようですが、スイッチが入れば大人の能力者でも難しいような霊視をやってのける場合も少なくないとのこと。


ただし、先に説明したように期間が極めて限定的で、言語能力や分析能力、社会的経験が未熟な年齢での能力発揮なので、「言葉にして伝える」ということはなかなかできません。


大人になっても霊視ができる人の数は非常に限られていますが、自らの意志で訓練をし、言語化して伝えることが可能になります。

これを霊視鑑定というわけです。



では、霊視で自分はもう忘れてしまった前世を視てもらうことの意義を考えてみましょう。

まず前世を知るということは単純に「楽しい」ものです。



それだけ?と思われるかもしれませんが、悩んでいる時というのは何を見てもきいても心に響かないことが多いはず。

そういう時でも自分の前世の話なら、すんなりと心に入ってきて、固まった気持ちをほぐしてくれます。

これも前世にアクセスすることの重要な意義といえるのではないでしょうか。



次に、前世を知るということはヒントをもらうということです。


自分の秘めているポテンシャルや行動の傾向を前世に学ぶことができるので、新しいことにチャレンジしやすくなったり、「これはやめておこう」という判断ができるようになったりします。

障害や敵についても、いつ頃どんな風に表れるか、対処はどのようにするべきか、ということがわかります。



学生の時に問題集をやったり試験を受けたりしていて、その時にはどんなに悩んでもわからず解けなかったのに、解答をみたとたん全てが腑に落ちて拍子抜け、なんていう経験をしたことはありませんか?


霊視で前世を視てもらうということは、それと全く同じ経験をすること。

全ての設問が一気に解ける爽快感を、霊視占いでぜひ体験してください。

霊視